カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

災害時のオーラルケアの重要性

肺炎を防ぐために、歯みがきをしましょう。

災害時の口腔保健(オーラルケア)は、口臭やムシ歯、歯周病の予防だけでなく、高齢者の方にとっては肺炎を防ぐ手立てになります。
災害時は水不足に陥いるなどの悪条件で、通常時の生活ができなくなることを余儀なくされます。そのような状況下で、オーラルケアができない、ケアを怠りがちになるケースが目立ちます。

おくちの中を清潔に保てなくなると、繁殖した細菌が唾液や食べ物などと一緒に気管に入ってしまい「肺炎(誤嚥性肺炎)」を起こしやすくなります。
阪神・淡路大震災の時は、震災に関連した肺炎で200人以上の方が亡くなられています。特に高齢者の方は誤嚥性肺炎が多かったのではないかと、私たちは考えています。

災害時など、水不足の時のオーラルケアの仕方をご紹介。

(1)水が少ないときの歯みがき (2)ハブラシがない時のオーラルケア

1. 水・約30mLをコップに準備します。

2. その水でハブラシを濡らしてから口の中へ入れ、歯みがきを開始します。

4. 最後にコップの水で2~3回すすぎます。
一気に含むのではなく、2~3回に分ける方がきれいになります。

うがい薬、デンタルリンス、洗口液などが入手できた場合は、
ご使用いただくと効果的です。

※水が少なくても効率的に口の中をキレイにする方法
http://www.oralcare-jp.org/pdf/minimum_water.pdfから改変

(3)だ液をだすことも大切です

避難所生活などでハブラシがない場合は、食後に30mL程度の水やお茶でしっかりうがいをしましょう。
またハンカチなどを指に巻いて歯を拭い、汚れをとるのも効果があります。

だ液には口の中の汚れを洗い出す働きがあります。 水分をできるだけとり、
あごの付け根=耳の真下の部分をマッサージしたり温めたりして、だ液を十分に出すよう心がけてください。ガムをかむこともだ液を出させるよい方法です。

(4)汚れた入れ歯の手入れが大切

食後には、できるだけはずして汚れをとりましょう。また、夜、寝る時にははずしましょう。

※入れ歯に関しては、個人差がありますので、歯科医の指導に沿うようにして下さい。

54.92.128.223|2017/07/28 05:31:36

オーラルケアのさらに詳しい情報を知りたい方はこちら