カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

これって病気?と悩んだら おくちのアレコレ Q&A

歯周病になるとどんな症状が?
Answer

歯肉炎は歯ぐきだけの炎症で、歯ぐきが赤く充血し、ブヨブヨに腫れ、時には血が出たりただれたりします。歯周炎は、歯ぐきだけでなく歯根膜や歯槽骨まで侵される病気で、次のような症状があります。

・赤く腫れる(歯肉炎)
・ポケット(盲のう)ができる(歯と歯ぐきの隙間=歯のうが深くなる)
・歯ぐきから出血しやすくなる
・ポケットから膿が出る(口の中がねばっこくなる)
・歯がグラグラ動くようになる
・歯ぐきがやせて、歯の根が露出する
・歯垢や歯石の沈着が激しくなる
・口臭がひどくなる
・歯ぐきが赤黒くなってくる
・歯肉膿よう・歯肉ろうができる(歯ぐきから膿が出る)
・歯を噛み締められなくなる
・歯が抜ける(歯槽骨が溶けて歯を支えられなくなる)

どうして歯周病になるの?
Answer

最近の研究で、歯肉炎と歯周炎の原因菌が発見されました。「アクチノマイセス・ビスコーサス菌」が歯肉炎の、「ポルフィノモナス・ジンジバリス菌」が歯周炎の犯人です。これらの菌がまず、食べかすなどの糖を利用して粘着力のある多糖を作り、歯に取り付きます。歯と歯ぐきの境目にたまるよごれ(歯垢・プラーク)がこれです。歯垢は唾液などで洗い流されることもなく、原因菌が増殖しながら他の口腔細菌も引き付けます。歯ぐきには炎症が起き、細菌が作り出した酸によって歯には脱灰(う触・ムシ歯)が生じます。

歯周病の予防と治療のポイントは?
Answer

歯周病を予防または治療する場合、最も大切なことはお口の中の清掃です。食べたあとはすぐ、正しいブラッシングを行いましょう。歯磨きができない場合は、よくうがいをするだけでも効果があります。
歯ブラシや指先で歯ぐきをよくマッサージすると、歯ぐきが引き締まります。マッサージするとき、殺菌・消炎効果のあるリゾチームの入った軟膏をつけると一層効果的です。塩も歯ぐきを引き締める効果があります。 心身の疲れも歯周病には大敵。歯ぐきが赤く腫れて浮いたようなときは、体の抵抗力が弱っている証拠です。よく休養をとり、栄養バランスのとれた食事をとりましょう。特にビタミンCは人体の組織細胞を強くする働きがあります。新鮮な果物などで十分にとってください。

歯周病になると、歯以外への影響はある?
Answer

米国やカナダで行われた研究では、歯周炎と心臓血管疾患の関連も明らかになっています。複数のデータで、歯周炎のある人はない人に比べて、心臓血管疾患を発症するリスクが20~180%高くなっています。これは、歯周炎で発生した炎症性物質が心臓血管に移り、血管の内側に粥状(じゅくじょう)硬化を発生させるためと考えられます。実際、動脈にできた粥状硬化を調べたところ、約40%から、歯周炎の原因菌のひとつである「ポルフィロモナス・ジンジバリス」が見つかった、という報告があります。

糖尿病なのですが、注意しなければならないことはありますか?
Answer

低体重児早産や心臓血管疾患以外に、歯周炎と関連する病気が糖尿病です。糖尿病が歯周炎を悪化させ、歯周炎も糖尿病を悪化させるという、双方向の影響が指摘されていました。現在では、歯周炎が肝臓に与える悪影響が、糖代謝を低下させ、糖尿病の前段階の症状が表れて、それが悪化していくと考えられています。このように、歯周病がさまざまな全身性疾患に影響を及ぼしていることは、もはや動かしがたい事実です。その一方で、歯周病はセルフケアによって十分に治療することができる病気です。日頃から自分の歯の健康管理をしっかり行いたいものです。

歯周病って、歯並びも関係するの?
Answer

歯の成人病といわれる歯周病は、歯肉炎、歯周炎など細菌感染による歯ぐきのまわりの病気です。歯周病はムシ歯と違って痛みがなく、気がついたときは手遅れで数本の歯がまとまって抜けてしまうことも。特に25歳を過ぎると約8割もの人が歯周病にかかるといわれます。美人のチャームポイントと思われている八重歯や、歯並びが悪いところは磨き残しが多く、歯周病の原因となる歯垢がたまりやすい部分ですから特に注意してください。

歯周病は何歳頃から現れるの?
Answer

歯肉炎は12歳をピークに若年層にも多く見られます。これに対して歯周病は、思春期の初期から現れはじめ20代後半で急増。50歳以降ではほぼ70%近い人が何らかの形で歯周病にかかっています。歯を失う原因を調べると、ムシ歯が37%なのに対して、歯周病はなんと50%にも達します。歯周炎が恐ろしいのは、初期には痛みをあまり感じることがなく、症状がどんどん進むこと。ある日突然、数本の歯がまとまってぬけてしまうことがあるのです。

歯みがきの時、ハグキから血がでます。
Answer

歯みがき時の出血は、ハグキが炎症を起こしているサインです。炎症を起こした ハグキは赤く充血しているため、ブラッシングの軽い刺激だけでも簡単に血が出てきます。
ハグキの炎症は、進行の程度によって、歯肉炎から歯周炎(歯槽膿漏)まで様々です。これらを総称して歯周病といいます。歯周病は多くの場合、はっきりとした自覚症状を感じることなくゆっくりと進行するため、発見が遅れがちな病気です。歯みがき時の出血は、比較的軽度の段階で発見できる一番身近なサインです。出血があるところほど丁寧なブラッシングを心掛け、なるべく早めに歯科医院を受診しましょう。

以前より歯と歯の間の隙間がひろくなった気がします。
Answer

加齢に伴ってハグキがやせるという話しをよく耳にしますが、実際には加齢による変化はごくわずかです。ハグキが痩せるのは、ハグキを支えている歯槽骨がやせてきているということで、これはゆっくりと進行した慢性の歯周病の結果であることが多いのです。歯と歯の隙間が広くなったと感じたら、歯周病の存在を疑って歯医者さんに相談してください。広くなった歯と歯の隙間の汚れは、歯ブラシだけではきれいにするのは難しいため、歯間ブラシを使う習慣を身につけましょう。

歯間ブラシを使うように指導されましたが、ハグキが下がりそうな気がします。大丈夫でしょうか?
Answer

炎症のあるハグキに歯間ブラシを使うことで、炎症の改善とともにハグキの腫れがおさまり、ハグキが下がったと感じる場合があります。しかし、ハグキの隙間の大きさにあったサイズのものを使えば、必要以上に下がることはありません。歯間ブラシは太さによってSSS~Lサイズまで種類があります。無理に太いサイズの物を使用すると、ハグキを傷めてしまったり、歯をすり減らしてしまう恐れがあります。きつく擦れながら入れるのでなく、少しゆとりをもって通過するサイズが適当です。ご自身のサイズがわからないときは、歯科医院で選んでもらいましょう。

54.92.128.223|2017/07/28 05:32:06