ハブラシの毛先は「かため」の方が汚れが良く落ちる?

ハブラシには、「やわらかめ」「ふつう」「かため」という表示がされています。毛の硬さは、自分のハグキの状態に合ったものを選ぶのが基本。ハグキが腫れている状態で「かため」のハブラシでゴシゴシみがくのは逆効果です。健康なハグキの方でも「かため」の方が汚れが良く落ちる訳ではなく、自分の歯とハグキの状態に合わせて、毛先と毛の弾力性を活かした正しいブラッシングができているかどうかが大切です。