カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

まずはハブラシを使った正しいブラッシングを身につけましょう。

みなさんが一番多く使用されているハブラシを使った正しいブラッシング方法をとりあげます。虫歯予防、歯周病予防など、目的を問わず全ての分野に共通するブラッシング方法なので、ぜひ身につけてください。

  • ハブラシの持ち方・ブラッシング圧

    ワンポイントアドバイス

    鉛筆を持つように握る持ち方で、毛先が広がらないくらいを目安に優しくみがく。

  • 奥歯のかみ合わせ面

    ワンポイントアドバイス

    ハブラシを常に小さく動かし、一本ずつ丁寧にみがく。おくちの中にスペースを作り横からハブラシを挿入。

  • 歯の表側

    ワンポイントアドバイス

    ハグキが健康な方は、ハブラシを直角にあてる方法を。
    歯周病または予防したい方は45度の角度であてる方法がおすすめ。

  • 奥歯の裏側

    ワンポイントアドバイス

    ブラシを歯に対して少し斜めに入れ、前後に小さく動かす。
    利き手側の奥歯の裏側はみがき残しが多くなるので要注意。

  • 前歯の裏側

    ワンポイントアドバイス

    プラークと唾液中のカルシウムが結びついて歯石が付きやすいので、ハブラシを立たせブラシの角の部分を使ってみがく。

ハブラシを使った正しいブラッシングの仕方のすべての動画はこちらからチェックできます。

すべての動画を見る
ハブラシのみのブラッシングでは歯と歯の間は十分にみがけないことがありますので、デンタルフロスや歯間ブラシも正しく使ってプラークをきちんと除去することがムシ歯や口臭、そして、歯周病予防の第一歩です。
  • 正しいハブラシ使用法
  • 正しいデンタルフロス使用法
  • 正しい歯間ブラシ使用法
覚えておきたいABC

54.145.69.58|2017/04/25 03:59:39