TOP命を守ることに情熱を燃やす挑戦者達がそこにいる! ヒポクラテスの誓い

TOP#17「消化器内科医 山本博徳 世界が認めた小腸検査・治療の革命児」

消化器内科医 山本博徳 世界が認めた小腸検査・治療の革命児 2013.6.29 On-Air

「医師は患者が抱える問題をちゃんと抽出して、最善の検査・最善の治療法を自分で決めていくことこそが重要」ということを留学先で学んだ山本医師。
それまで実りの少なかった小腸検査に、ダブルバルーン内視鏡という独自の発想に基づく検査法を、6年がかりで開発した。
この検査法が確立したことで、小腸全体を見ることができるようになっただけでなく、同時にポリープの切除、止血、閉塞部分の拡張などの外科的治療もできるようになった。
小腸検査・治療に革命を起こした山本医師に密着した。

バックナンバー