カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
こどもに教える歯みがき習慣
こどもに教える歯みがき習慣

ハブラシの感覚に慣れさせましょう

乳歯が生えそろってきたら、パパやママをはじめ家族が歯みがきをしている姿を見せてあげましょう。
トレーニング用のハブラシを与え、ハブラシの感覚に慣れさせましょう。
歯みがきを習慣づけることが目標なので遊び感覚でやりたいようにさせてあげ、できたら褒めてあげましょう。

正しい歯みがきの方法を教えてあげましょう

歯みがきは、お箸やペン、はさみなどを使うのと同じく指を使ってみがくもの。
指を使うとハブラシの毛先が動く感覚がよく伝わり、丁寧にみがけるようになります。
歯みがきは腕の力でみがくのではなく、指を使ってみがくということを教えてあげましょう。

持ち方のポイント

基本はペンを持つような方法です。
グーの手でグリップを握る持ち方は、腕の力がハブラシにかかってしまい細かなところまでみがけません。
ただ、小さな子どもは力が弱いため、最初のうちは握るような持ち方でもよいでしょう。

こどもに教えてあげたいハブラシのもち方
こんにちはの持ち方…
握る持ち方。子どもが持ちやすい。
さよならの持ち方…
ハブラシを縦にしてグリップの背中に親指を当てる持ち方。
上の歯の噛み合わせもみがきやすい。

力の入れ方のポイント

腕の力ではなく指を使ってみがくことを教えてあげます。
パパやママが見本をみせてあげましょう。
「歯みがきは指を使ってみがく」というイメージを持つことで、力の入れ方も軽くなります。
どうしても力が入りやすいので、軽く持つように教えましょう。

みがき方のポイント

歯に対してまっすぐハブラシの毛先を当て、小刻みに振動させながら動かします。
歯によって持ち方を変えたりして工夫し、1本ずつみがくことを教えましょう。

  • 前歯…ハブラシをたてに入れてみがく。
  • 歯とハグキの間…ハブラシを斜めに当て(45°)、小刻みに振動させながら動かす。
  • 奥歯…ハブラシを横から入れて1本ずつ毛先をしっかり当ててみがく。

できたら褒めてあげましょう

子どもは遊びの中からさまざまなことを学んでいきます。
歯みがきも、まずは遊び感覚から始めましょう。無理じいや口出しはぐっと我慢。
歯みがきができたら、しっかり褒めてあげましょう。
子どもは歯みがきをして褒められることで、
歯みがきに対して良いイメージを持つようになります。

⇒ その他のトピックスはこちら
ページトップへ
サンスターは、応援し続けます。お子さまの“お口の健康”を守る、すべてのお母さまを。

3.80.218.53|2018/12/14 17:09:48