カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
子どものムシ歯とフッ素
子どものムシ歯とフッ素

フッ素で効果的な虫歯予防を!

子どもの歯を健康に保つことはとても大変なこと。ブラッシングに加えてフッ素を
うまく取り入れると効果的。
ぶくぶくうがいができるようになったところを目安に、おうちでもフッ素入りのジェルや
ハミガキを使ったムシ歯予防をスタートしましょう。

ほっておけない!初期ムシ歯

ムシ歯は気がつかないうちに進行してしまいます。
仕上げみがきのときに覗いてみて下さい。
例えば歯とハグキの境目に白く濁った部分がありませんか?
初期ムシ歯かもしれません。お口のpHが酸性に傾き、歯の内側からミネラルが
溶け出してしまっているのです。
もう少しで大切なお子さんの歯に穴が空いてしまうかも!

ムシ歯予防の大切なポイント

初期ムシ歯やムシ歯を防ぐ大切なポイントの1つは、お口の中のpHが下がったらできるだけ早く回復させてあげること。
それには歯みがきが一番効果的です。
ブラッシングで食べカスなどを取り除くことでお口のpHが早く改善し、唾液による歯の修復作用が促進されます。
歯みがきができない赤ちゃんであれば、歯ふきシートなどで歯の表面の汚れを拭いてあげることでも効果はあります。

初期ムシ歯に効果的なフッ素

ムシ歯を進行させないために、初期ムシ歯になってしまった歯の修復に効果的に働くのがフッ素です。
毎日使うには、フッ素ジェルやハミガキが便利ですね。

フッ素の効果
 
再石灰化の促進…
唾液中のカルシウムなどを取り込み再石灰化を促進します。
歯質の強化…
フッ素を歯に取り込むことで、酸に溶けにくい歯になります。
お口の細菌の活動を抑える…
ムシ歯の原因となる細菌の働きを抑え、
酸産生を抑制してムシ歯になりにくい状態にします。

子どもの歯を元気に保つために、フッ素ジェルやハミガキを上手に利用することで、初期ムシ歯の進行を防ぎましょう。

フッ素ってどんな成分?

フッ素は、自然界に存在する成分です。海の中や土の中に含まれており、
フロリデーションといって水道水にフッ素を入れてムシ歯予防している国もあります。
(フッ素が多く含まれる食品:魚介類・海藻類・茶・紅茶など)

フッ素は体に入っても問題ないの?

微量のフッ素は、歯や骨が作られるときに体に取り入れられますが、それ以外は尿や汗などから出ていきます。
医薬部外品の市販のジェルやハミガキは、フッ素の配合濃度の上限が決められており、正しい使い方をしていれば心配することはありません。
特に小さいお子さまが使用するものの中には、低濃度のものもあります。

フッ素の効果的な活用法

フッ素入りのジェルやハミガキは毎日使うことが大事。
ブラッシングの後は軽くゆすぐ程度で、うがいしすぎないようにしましょう。
フッ素を口の中に残すことで効果的にムシ歯予防ができます。

家庭用のジェルやハミガキと歯科医院で歯に塗ってもらうフッ素は何が違うの?

その違いは濃度にあります。歯科医院で扱うフッ素は医薬品(フッ化ナトリウム製剤)です。
これには、高濃度のフッ素が配合されており、歯にフッ素を塗布することで
効果的にムシ歯予防ができます。
ムシ歯が心配な場合は、半年に1回くらい歯科医院で定期検査を受け、
フッ素の塗布について先生とご相談することをおすすめします。

ページトップへ
サンスターは、応援し続けます。お子さまの“お口の健康”を守る、すべてのお母さまを。

3.80.218.53|2018/12/14 17:03:02