カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
妊娠期 Maternity ママのお口の中の環境を守ることが、赤ちゃんのお口の健康づくりにつながります
  • Maternity妊娠期
  • 予防歯科 妊娠期から始めることが重要
  • 妊娠中の歯の知識 ママになる前に知っておこう
  • 妊娠中のママのお口の中 放っておくと大変なことに!
  • つわりとオーラルケア つわりで辛いときは・・・
  • 妊娠中のママの歯科治療 妊娠中に歯科検診を!
  • 妊娠を望む時期のよくある質問
  • 妊娠の時期のよくある質問
  • Birth出産期
  • 赤ちゃんのお口の中 赤ちゃんのお口の中も成長中
  • おっぱいとミルク この時期からトレーニングを!
  • 指しゃぶりとおしゃぶり 乳臼歯とかみ合わせ
  • 眠る前の授乳 ムシ歯菌感染がなければ心配なし
  • ママと家族のお口のケア 積極的なお口ケアが大切
  • 母乳・ミルクの時期のよくある質問
  • Child Care育児期
  • 乳歯のムシ歯 ママの家族からムシ歯菌が感染!
  • 乳歯と永久歯 赤ちゃんの乳歯を守るのは親の役目
  • ムシ歯にさせないために 仕上げみがきの好きな子に
  • 歯の気がかり 代表的な歯の気がかり
  • 小児歯科 子供の乳歯をしっかり守る!
  • 離乳食について
  • 離乳食の時期のよくある質問
  • 幼児期の時期のよくある質問
  • 歯周病について心配なら歯科健診を!

つわりとオーラルケア

つわりの時は歯が悪くなりやすい?

妊娠中は、女性ホルモンの増加により歯肉の炎症がおこりやすい環境に加え、つわりになると酸味がつよいものや、柔らかく食べやすいものなど、歯に良くないものを好むことが多くなります。また、嘔吐を恐れて歯のブラッシングがおろそかになることなどから、プレママのお口の中は不衛生になりがちです。

つわりなる前に治療しておきましょう

妊娠予定のママは、妊娠する前に歯科医院でムシ歯の治療やお口のケアをしておきましょう。つわりになっても安心ですし、妊娠中にキレイなお口で過ごすことはおなかの赤ちゃんにもよい影響を与えます。すでに妊娠中のママは、できるだけ早く歯科検診をうけるなどして歯の状態をチェックしてムシ歯があったら治療しておきましょう。

つわりの時はできるケアをするように心がけて

つわりのときは無理をしないこと。少しでも楽な時に、できるケアをするように心がけましょう。 ハミガキ粉の味がダメ…というプレママが多いようです。匂いや刺激の少ないものに変えるか、それでもダメな場合はブラッシングをしましょう。ブラッシングは食べカスや歯垢を落とすことができるためハミガキ粉が使えなくても十分効果があります。ブラッシングもできないようならうがいをしましょう。緑茶でのうがいは殺菌効果もあります。うがいもできない時には小さめの氷をなめてみてください。
※緑茶にはカフェインやタンニンが含まれているため、うがいの際は注意してください。

つわりで歯を磨くのがつらい時は

  • ハミガキ粉は匂いや刺激の少ないものに変える
  • ハミガキ粉がだめな場合は使わないでブラッシングする
  • 歯ブラシはお口の中に入れやすい小さめのものにする
  • 前屈みになって掻き出すように磨く
  • ハミガキが苦痛な時はうがいをする
  • うがいできない時は氷をなめる。

出産前には歯の治療を終えておきましょう

つわりの時期が過ぎてハミガキが無理なくできるようになったら歯科医院でお口の状態をチェックしてもらいましょう。出産後は育児や家事におわれ、なかなか歯医者さんへ行く時間もとれないもの。出産前にお口の中をキレイにしておくことで、生まれてくる赤ちゃんのムシ歯を予防することができます。
⇒妊娠中の歯の知識

ページトップへ
未来の赤ちゃんの歯のためにママができることをご紹介します。

3.80.218.53|2018/12/14 16:13:53