カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
妊娠期 Maternity ママのお口の中の環境を守ることが、赤ちゃんのお口の健康づくりにつながります
  • Maternity妊娠期
  • 予防歯科 妊娠期から始めることが重要
  • 妊娠中の歯の知識 ママになる前に知っておこう
  • 妊娠中のママのお口の中 放っておくと大変なことに!
  • つわりとオーラルケア つわりで辛いときは・・・
  • 妊娠中のママの歯科治療 妊娠中に歯科検診を!
  • 妊娠を望む時期のよくある質問
  • 妊娠の時期のよくある質問
  • Birth出産期
  • 赤ちゃんのお口の中 赤ちゃんのお口の中も成長中
  • おっぱいとミルク この時期からトレーニングを!
  • 指しゃぶりとおしゃぶり 乳臼歯とかみ合わせ
  • 眠る前の授乳 ムシ歯菌感染がなければ心配なし
  • ママと家族のお口のケア 積極的なお口ケアが大切
  • 母乳・ミルクの時期のよくある質問
  • Child Care育児期
  • 乳歯のムシ歯 ママの家族からムシ歯菌が感染!
  • 乳歯と永久歯 赤ちゃんの乳歯を守るのは親の役目
  • ムシ歯にさせないために 仕上げみがきの好きな子に
  • 歯の気がかり 代表的な歯の気がかり
  • 小児歯科 子供の乳歯をしっかり守る!
  • 離乳食について
  • 離乳食の時期のよくある質問
  • 幼児期の時期のよくある質問
  • 歯周病について心配なら歯科健診を!

妊娠中のママのお口の中

妊娠中のお口の中を放っておくと大変なことに!

妊娠するとハグキが腫れやすくなります。つわりによる歯みがき不足も原因の一つですが、妊娠によるホルモンの変化が大きく影響しています。

妊娠すると歯やハグキが悪くなりやすいのはどうして?

  • つわりによる歯みがき不足。⇒歯・ハグキ
  • 口の中が酸性になりやすい。⇒歯
  • 間食が増える。⇒歯・ハグキ
  • 女性ホルモンの増加。⇒ハグキのみ

女性ホルモンによる歯肉への影響

妊娠すると増える女性ホルモン。女性ホルモンは歯周病の原因菌やその他の菌の繁殖を促進するため、ハグキに炎症反応が起こりやすくなります。つわりなどでお口のケアがおろそかになると歯肉の状態がどんどん悪化しやすくなるという悪循環に。

歯肉炎にならないために…

日頃のていねいなブラッシングで防ぐことができます。ヘッドが小さめの歯ブラシで、歯とハグキの境目を重点的にブラッシングしましょう。フロスの使用も効果的です。出産後、ホルモンのバランスが落ち着くことで症状は改善しますが、ほうっておくと歯周病へと進行が進みやすくなるため出産後のケアもしっかり行いましょう。

妊娠性歯肉炎

妊娠によるホルモンの分泌量の増加や、つわりにより口の中が不衛生になることが原因で歯肉に炎症がおこります。腫れがひどくなると出血などを伴うことも。妊娠初期からみられ、妊娠中期頃に最も多くみられます。妊婦さんの約半数以上がなると言われています。

歯周病と早産・低出生体重児

早産や低出生体重児が生まれる主な原因としては、妊娠中のママの喫煙や飲酒、感染症などがあげられています。重い歯周病のママから生まれた赤ちゃんは健康な歯肉のママに比べ早産・低出生体重児を出産するリスクが高いと言われています。


歯周病に気をつけなくてはならないのはどうして??

歯周病は感染症の一種です

赤ちゃんのいる子宮には、妊娠中のママからたくさんの血液が入りこんでいます。そのため妊娠中のママに感染があると胎盤を通しておなかの赤ちゃんに感染することがあります。歯周病も感染症にあたるため注意が必要です。
※重い歯周病は早産の原因に
重い歯周病になると、歯周組織で起こった炎症により血液を通して炎症物質が徐々に全身に広がります。細胞から炎症性の物質(サイトカイン)がつくられると、子宮収縮物質(プロスタグランジンE2)の再生が促進、子宮収縮と子宮頚部の拡張を引き起こして早産になると言われています。

重い歯周病はこうして早産を招きます

歯周病の炎症によりサイトカインが再生、子宮収縮物質の一つであるプロスタグランディンの再生を促す。

妊娠中のママのプロスタグランディンの血中濃度が上がると出産の準備が整ったとみなされる。

子宮の収縮や陣痛が起こり早産を引き起こす。


※プロスタグランディンという物質が活性化すると子宮収縮と子宮頚部の拡張を引き起こし低体重児出産の要因となります。
※参考:『社団法人 日本産婦人科学会』早産予防に重点を置いた妊婦検診の意義(2)PDF書類

早産や低出生体重児の赤ちゃん

早産や低出生体重児として生まれた赤ちゃんは、感染による抵抗力が弱く病気になりやすいといわれています。早産や低出生体重児の原因は様々ですが、歯を治療しておくことで防げることもあるかもしれません。今プレママができる精一杯のことをしてあげましょう。

ページトップへ
未来の赤ちゃんの歯のためにママができることをご紹介します。

54.162.15.31|2018/09/21 20:51:39