カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
妊娠期 Maternity ママのお口の中の環境を守ることが、赤ちゃんのお口の健康づくりにつながります
  • Maternity妊娠期
  • 予防歯科 妊娠期から始めることが重要
  • 妊娠中の歯の知識 ママになる前に知っておこう
  • 妊娠中のママのお口の中 放っておくと大変なことに!
  • つわりとオーラルケア つわりで辛いときは・・・
  • 妊娠中のママの歯科治療 妊娠中に歯科検診を!
  • 妊娠を望む時期のよくある質問
  • 妊娠の時期のよくある質問
  • Birth出産期
  • 赤ちゃんのお口の中 赤ちゃんのお口の中も成長中
  • おっぱいとミルク この時期からトレーニングを!
  • 指しゃぶりとおしゃぶり 乳臼歯とかみ合わせ
  • 眠る前の授乳 ムシ歯菌感染がなければ心配なし
  • ママと家族のお口のケア 積極的なお口ケアが大切
  • 母乳・ミルクの時期のよくある質問
  • Child Care育児期
  • 乳歯のムシ歯 ママの家族からムシ歯菌が感染!
  • 乳歯と永久歯 赤ちゃんの乳歯を守るのは親の役目
  • ムシ歯にさせないために 仕上げみがきの好きな子に
  • 歯の気がかり 代表的な歯の気がかり
  • 小児歯科 子供の乳歯をしっかり守る!
  • 離乳食について
  • 離乳食の時期のよくある質問
  • 幼児期の時期のよくある質問
  • 歯周病について心配なら歯科健診を!

予防歯科

予防歯科って?

予防歯科とは、ムシ歯や歯周病などお口のトラブルの原因をつくらないようにして病気を予防する医療です。

ムシ歯を治療するのではなく予防を

きれいな歯はそれだけで人によい印象を与えます。欧米などでは、親は子どもの歯の健康のために小さな頃からオーラルケアを行うといいます。子どもが社会で立派に生きていくようにサポートし育てるのは親の役目、子どものムシ歯をつくらないようにしてあげることも親の役目なのです。

妊娠中から赤ちゃんのお口の健康を守ろう!

家族のムシ歯を放っておかないで

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中はとってもキレイ!ムシ歯の原因となる細菌はいません。ムシ菌は、ママが舐めたスプーンで離乳食を食べさせたりするなど唾液を介して赤ちゃんのお口にうつります。ママや家族がムシ歯を放っておくと、お口の中のムシ歯菌は確実に増え続けるため、赤ちゃんのお口にムシ歯菌が感染しやすくなるのです。

ママと赤ちゃん両方の歯を守るために

出産前にママのお口の中をきれいな状態にしておくことで、ママと生まれてくる赤ちゃん両方の歯を守ることができます。まずは赤ちゃんと過ごす時間が多いママから歯の治療やオーラルケアを始めて下さい。家族のみんなも赤ちゃんが生まれる前までにはお口の中をきれいにしておきましょう。

妊娠中から歯を守るとこんなメリットが!

  • 生まれてくる赤ちゃんのお口にムシ歯菌を感染させるリスクを減らすことができる。
  • ムシ歯治療で痛い思いをすることがなければ子どもを歯医者さん嫌いにしなくてすむ。
  • 妊娠中のお口のケアでママの歯周病を予防できる。家族の将来の体の健康にもつながってくる。

お口のケアのよい習慣を

ママや家族がお口のケアに積極的に取り組む姿を見て、子どもは自然にその大切さを学び、自分で歯を守る習慣を身につけていきます。歯みがきをしなさい!と口うるさく言わなくてすむように、まずママが率先してお口のケアのよい習慣を身につけましょう。

プロケアとセルフケア

お口のケアには毎日のブラッシングやデンタルリンスを使ったうがいなどのセルフケア、歯科医院で行う歯石の除去や口腔清掃などのプロケアがあります。セルフケアに加え定期的にプロケアを行うことで、ムシ歯や歯周病などになりにくいお口の環境をつくることができます。

ページトップへ
未来の赤ちゃんの歯のためにママができることをご紹介します。

54.81.254.212|2018/07/20 09:44:38