カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
Bible Section 離乳食の時期
離乳食について

離乳食の進め方

離乳食は赤ちゃんのペースで

離乳期は、今まではおっぱいやミルクで育ってきた赤ちゃんが、固形の食べものを食べられるようになるまでの移行期間。歯の生え方に個人差があるように、お口の発育にも個人差があります。お友達が始めたからといって焦って一緒に始める必要はありません。あくまでも赤ちゃんのペースを優先して。離乳食は赤ちゃんのペースに合わせて進めてあげましょう。


  離乳食初期5〜6ヶ月 離乳食中期7〜8ヶ月 離乳食後期9〜11ヶ月 離乳食完了期1才〜1才3ヶ月
お口の様子 唇を閉じて飲むように。前後運動が中心だった舌は口の中におさまって動きやすくなります。 前歯が生えてきて、唇と舌の動きが分離されるようになり、舌で食べ物を上あごに押しつけてつぶすことができるように。 歯ぐきで食べものをつぶすために咀嚼の基本的な動きができるようになり、やや固さのあるものが食べられるように。舌の動きも活発になります。 1才前半には奥歯が生え始めるため、奥歯を使った噛む動きがでてきます。奥歯の噛み合わせができあがる1才8ヵ月ごろになると、噛みつぶしも上達します。
食べられる固さ どろどろ状。6ヶ月頃から乳歯が生えはじめます。噛むことはまだできないのでペースト状のものを与えましょう。口を開けて自分で飲み込むことを覚えます。下唇にスプーンで合図してあげましょう。 舌でおしつぶせる固さ。唇を使って食べものを取り込み、舌と上あごでつぶして食べられるようになります。まとまりやすく舌でつぶしやすい固さのものを与えて。 歯ぐきでつぶせる固さ。赤ちゃんのお口でかじりとりができ、歯ぐきでつぶせる固さのものを与えましょう。目安:バナナ 大人より少しやわらかめ。乳歯の生え方には個人差があるため、赤ちゃんのお口の状態に合わせて食材を選びましょう。硬いものや繊維の多いものは避け、形があるけれどやわらかい食べ物を与えます。
この時期のポイント お座りができるように。パパやママ、周りの人が おいしそうに食べているのをじっとみたりします。赤ちゃんが食べたそうにお口を動かすようなら離乳食を始めてみましょう。家族が和やかに囲む食卓に つくことで、食べものへの興味や意欲がわきます。 赤ちゃんの様子をみながらお口の前から順番に食べさせてあげましょう。赤ちゃんの味覚はとても敏感なので、できるだけ自然の食材を選び、素材本来の味を体験させてあげるために調味料は使用しないか薄味を心がけましょう。 上下の前歯が生えそろうとかじりとりができるようになります。手づかみでかじりとりの練習を。手づかみ食べは、目と手と口を使って食べることを学習する大切な過程です。食べたいという意欲も育てるので積極的にさせてあげましょう。 奥歯で噛むことができるようになると、歯に食べカスもつきやすくなります。乳歯の生え方のチェックとお口のケアを兼ねて、日頃から赤ちゃんのお口の中を観察するようにしましょう。また、この時期からハブラシを与えるのもよいでしょう。

ムシ歯にならないおかしの与え方

妊娠すると歯やハグキが悪くなりやすいのはどうして?

妊娠するとハグキが腫れやすくなります。つわりによる歯みがき不足も原因の一つですが、妊娠によるホルモンの変化が大きく影響しています。

砂糖の量より回数が問題

ムシ歯菌は砂糖を栄養にして歯にべったりとはりつき、ムシ歯の原因である歯垢をつくります。砂糖をとる回数が多いと歯垢はどんどん強固なものになります。多くの砂糖が含まれたおかしを1回で食べきるよりも、砂糖が少ないおかしを何度にも分けてとるほうがムシ歯の危険度があがるのです。

砂糖がなければムシ歯菌は定着しにくい!

ムシ歯の原因菌であるミュータンス菌は、ママをはじめ家族から赤ちゃんのお口に感染します。ただ、ムシ歯菌が赤ちゃんのお口の中に入ったとしても砂糖がなければ菌は定着しにくくなります。ムシ歯菌は付着力が弱いため、ねばねばした物質をつくれないと唾液に流されてしまうからです。砂糖のふくまれたおかしなどを与えた後は、水やお茶を飲ませ、歯を拭くなどお口の中に砂糖が残らないようにしてあげましょう。
※甘い飲み物にも注意して
100%ジュースや野菜ジュース、イオン飲料水にも多くの糖分が含まれています。普段の生活の中では甘い飲み物をダラダラ飲ませないようにしましょう。日頃の水分補給には水やお茶などを与えましょう。

食べたり飲んだりの回数が多いと口の中が常に酸性の状態に

お口の中が常に酸性の状態だとムシ歯になってしまいます。できるだけ早く元の弱アルカリ性から中性に回復させることが、ムシ歯にならないようにする重要なポイントです。歯みがきで改善しますが、歯みがきができない赤ちゃんは、ガーゼや歯ふきシートなどで歯の表面の歯垢などを拭いてあげることでも、効果はあります。

ページトップへ
サンスターは、応援し続けます。お子さまの“お口の健康”を守る、すべてのお母さまを。

3.80.218.53|2018/12/14 17:54:02