カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
育児期 Child Care 歯や歯並びは赤ちゃんすべての発育に影響を与えます!
  • Child Care育児期
  • 乳歯のムシ歯 ママの家族からムシ歯菌が感染!
  • 乳歯と永久歯 赤ちゃんの乳歯を守るのは親の役目
  • ムシ歯にさせないために 仕上げみがきの好きな子に
  • 歯の気がかり 代表的な歯の気がかり
  • 小児歯科 子供の乳歯をしっかり守る!
  • 離乳食について
  • 離乳食の時期のよくある質問
  • 幼児期の時期のよくある質問
  • Maternity妊娠期
  • 妊娠中の歯の知識 ママになる前に知っておこう
  • 予防歯科 妊娠期から始めることが重要
  • 妊娠中のママのお口の中 放っておくと大変なことに!
  • つわりとオーラルケア つわりで辛いときは・・・
  • 妊娠中のママの歯科治療 妊娠中に歯科検診を!
  • 妊娠を望む時期のよくある質問
  • 妊娠の時期のよくある質問
  • Birth出産期
  • 赤ちゃんのお口の中 赤ちゃんのお口の中も成長中
  • おっぱいとミルク この時期からトレーニングを!
  • 指しゃぶりとおしゃぶり 乳臼歯とかみ合わせ
  • 眠る前の授乳 ムシ歯菌感染がなければ心配なし
  • ママと家族のお口のケア 積極的なお口ケアが大切
  • 母乳・ミルクの時期のよくある質問
  • 歯周病について心配なら歯科健診を!

歯の気がかり

気になる子供の歯の気がかり

癒合歯

2本の歯がくっついて1本の歯として生えた状態です。一般的に乳歯の場合は治療しませんが、境目の溝の部分がムシ歯になりやすいのでブラッシングをしっかり行いましょう。

先天歯

生まれたときにすでに生えている歯、生後1カ月頃までの早い時期に生えてくる歯をいいます。授乳などに問題がなければ治療は行わないのが一般的です。

先天性欠損歯

歯の数が不足している状態です。歯の芽そのものがないため先天性欠損歯と言います。かみ合わせに不具合がおこるとあごの発達や歯列形成に影響をあたえるため、乳歯に先天性欠損歯がある場合は歯科医で経過をみてもらいましょう。

子どもの噛み合わせの気がかり

反対咬合(はんたいこうごう)

下の前歯が上の前歯より前に出ている状態で、いわゆる"受け口"のこと。あごの骨格や歯のはえる方向など遺伝的な要素もありますが、唇を噛む癖などが習慣化した結果おこることもあります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯が下の前歯にかぶさるように重なったり、上の前歯が大きく突き出した状態を言います。反対咬合と同じく遺伝的な要素や癖の習慣化からおこりますが、下あごの発達で自然に治ってくることもあります。

開咬(かいこう)

奥歯は噛み合っているのに、上下の前歯が噛み合わずにすき間があいている状態。指しゃぶりやおしゃぶり、舌を突き出す癖が原因と考えられています。中でも舌を突き出す癖は長く続くと開咬がひどくなることがあるため注意が必要です。

噛み合わせや癖、その他のお口のこと

成長期のあごの骨はまだやわらかく、同じ方向に圧力を加えると変形し歪みやすくなります。噛み合わせに影響しそうなお口の癖がみられたらスキンシップや遊びなどに誘うなど楽しいことに興味を引き、無理なく忘れるようにしてあげましょう。
※乳歯が生え揃う3歳ごろまでは噛み合わせが不安定。あまり早い時期から気にしすぎないようにしましょう。


噛むことによる効果

唾液の分泌がよくなる 唾液の分泌量が増えることで口の中がきれいになり、さらに唾液中のカルシウムにより歯の再石灰化が促進され歯が強くなります。
消化を助ける 唾液に含まれる消化酵素が食べ物と混ざることで消化が促進され、胃腸の負担を少なくします。
あごの成長を促す 永久歯のおさまるスペースが確保されるため歯並びがきれいになります。
脳の働きを活発にする 噛むことで大脳が刺激されるため子どもの脳の発達によい影響を与えるといわれています。
情緒が安定する 体の緊張をやわらげストレスを解消するため情緒が安定するといわれています。
ページトップへ
子供をムシ歯から守るために10才までは親の仕上げみがきが必要です。

3.80.218.53|2018/12/14 17:41:36