カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
育児期 Child Care 歯や歯並びは赤ちゃんすべての発育に影響を与えます!
  • Child Care育児期
  • 乳歯のムシ歯 ママの家族からムシ歯菌が感染!
  • 乳歯と永久歯 赤ちゃんの乳歯を守るのは親の役目
  • ムシ歯にさせないために 仕上げみがきの好きな子に
  • 歯の気がかり 代表的な歯の気がかり
  • 小児歯科 子供の乳歯をしっかり守る!
  • 離乳食について
  • 離乳食の時期のよくある質問
  • 幼児期の時期のよくある質問
  • Maternity妊娠期
  • 妊娠中の歯の知識 ママになる前に知っておこう
  • 予防歯科 妊娠期から始めることが重要
  • 妊娠中のママのお口の中 放っておくと大変なことに!
  • つわりとオーラルケア つわりで辛いときは・・・
  • 妊娠中のママの歯科治療 妊娠中に歯科検診を!
  • 妊娠を望む時期のよくある質問
  • 妊娠の時期のよくある質問
  • Birth出産期
  • 赤ちゃんのお口の中 赤ちゃんのお口の中も成長中
  • おっぱいとミルク この時期からトレーニングを!
  • 指しゃぶりとおしゃぶり 乳臼歯とかみ合わせ
  • 眠る前の授乳 ムシ歯菌感染がなければ心配なし
  • ママと家族のお口のケア 積極的なお口ケアが大切
  • 母乳・ミルクの時期のよくある質問
  • 歯周病について心配なら歯科健診を!

乳歯と永久歯

乳歯は妊娠中に作られます

乳歯は赤ちゃんがおなかの中にいる妊娠7週頃に発生します。妊娠4〜5ヵ月ころには石灰化といって、歯が硬くなっていきます。その後1〜2年くらいかけて乳歯の完成です。いくつかの永久歯も妊娠4か月ごろにつくられ始め、永久歯は長い年月をかけて完成していきます。

妊娠7週
乳歯の芽ができ始まる
妊娠3〜4ヶ月(8〜15週)
永久歯の芽ができ始まる
妊娠4〜6ヶ月(12〜23週)
乳歯石灰化開始(カルシウムが沈着して固くなる)

乳歯が生えてくる順番

乳歯は赤ちゃんがおなかの中にいる妊娠7週頃に発生します。妊娠4〜5ヵ月ころには石灰化といって、歯が硬くなっていきます。その後1〜2年くらいかけて乳歯の完成です。いくつかの永久歯も妊娠4か月ごろにつくられ始め、永久歯は長い年月をかけて完成していきます。

子どもの歯は、いつ頃どこから生えてくるの?

生後6〜9か月ごろに下の前歯(乳切歯)が生えはじめ、2歳半〜3歳ごろにかけてゆっくりと生え揃っていきます。3歳過ぎには乳歯列での噛み合わせが完成します。
※歯の生える時期や順序には個人差がとても大きく、生後4か月くらいで生えてくる子もいるのに対し、1歳ごろまで生えない子もいます。

  • 上の歯:8〜9ヶ月ごろ(乳中切歯)
  • 上の歯:10〜11ヶ月ごろ(乳側切歯)
  • 上の歯:1才半ごろ(乳犬歯)
  • 上の歯:1才4〜5ヶ月ごろ(第一乳臼歯)
  • 奥歯:満2才以降(第二乳臼歯)
  • 下の歯:1才4〜5ヶ月ごろ(第一乳臼歯)
  • 下の歯:1才半ごろ(乳犬歯)
  • 下の歯:満1才ごろ(乳中切歯)
  • 下の歯:6〜9ヶ月ごろ(乳中切歯)

ムシ歯になりやすい時期

生後19〜31ヶ月は"感染の窓"とよばれています。この時期に子どものお口にムシ歯菌が感染すると、特にムシ歯になりやすいといわれています。
"感染の窓"を乗り越えるとムシ歯になりにくいという統計もあり、この時期にママをはじめ家族のお口のムシ歯菌をいかに減らすかが赤ちゃんのムシ歯予防にとって重要なことがわかります。

もしかして初期ムシ歯?

歯の表面に白い斑点が見られる、歯の溝が黄色っぽく変色している。 初期ムシ歯は、歯の表面のエナメル質が少し溶けだした穴のあく一歩手前の状態。規則正しい食生活とていねいな歯みがきにより、それ以上進まないこともあります。しかしあくまでも進行を最小限にとどめることができるというまで。ほうっておけば進行するので早めに歯科医院へ行きましょう。

"フッ素"とシーラント

"フッ素"について

"フッ素"は歯の質を強化し、ムシ歯の原因となる酸に対する抵抗力を高めます。
"フッ素"は生えて間もない時期の歯に塗布することで予防効果が高くなります。ただ“フッ素”を塗布したからといってムシ歯にならないわけではありません。あくまでも“フッ素”はムシ歯になりにくくする作用があるだけです。毎日の歯みがきはきちんとおこないましょう。

シーラントについて

シーラントは奥歯の溝を薄いプラスチックでふさぐ虫歯予防法です。
乳臼歯のかみ合わせの溝が深い場合、ハブラシの毛先が届きません。この奥歯の溝の部分をシーラントでふさぐことでムシ歯を予防することができます。奥歯が生えたら歯科医院で相談してみるのもよいでしょう。

ページトップへ
子供をムシ歯から守るために10才までは親の仕上げみがきが必要です。

54.162.15.31|2018/09/21 21:17:28