カラダと健康のために、きちんとオーラルケア Mouth & Body PLAZA

サンスターとはじめる赤ちゃんの正しいお口ケア
育児期 Child Care 歯や歯並びは赤ちゃんすべての発育に影響を与えます!
  • Child Care育児期
  • 乳歯のムシ歯 ママの家族からムシ歯菌が感染!
  • 乳歯と永久歯 赤ちゃんの乳歯を守るのは親の役目
  • ムシ歯にさせないために 仕上げみがきの好きな子に
  • 歯の気がかり 代表的な歯の気がかり
  • 小児歯科 子供の乳歯をしっかり守る!
  • 離乳食について
  • 離乳食の時期のよくある質問
  • 幼児期の時期のよくある質問
  • Maternity妊娠期
  • 妊娠中の歯の知識 ママになる前に知っておこう
  • 予防歯科 妊娠期から始めることが重要
  • 妊娠中のママのお口の中 放っておくと大変なことに!
  • つわりとオーラルケア つわりで辛いときは・・・
  • 妊娠中のママの歯科治療 妊娠中に歯科検診を!
  • 妊娠を望む時期のよくある質問
  • 妊娠の時期のよくある質問
  • Birth出産期
  • 赤ちゃんのお口の中 赤ちゃんのお口の中も成長中
  • おっぱいとミルク この時期からトレーニングを!
  • 指しゃぶりとおしゃぶり 乳臼歯とかみ合わせ
  • 眠る前の授乳 ムシ歯菌感染がなければ心配なし
  • ママと家族のお口のケア 積極的なお口ケアが大切
  • 母乳・ミルクの時期のよくある質問
  • 歯周病について心配なら歯科健診を!

乳歯のムシ歯

乳歯のムシ歯予防は、家族のムシ歯予防から

乳歯のムシ歯予防は、まずママや家族のムシ歯予防から始まります。子どものお口の中はとってもキレイ。もともとムシ歯菌(ミュータンス菌)はいません。
ムシ歯菌は唾液を介して子どもの口に感染します。ママや家族のお口の中にムシ歯菌がたくさんいると大人がなめた同じスプーンで食べさせるなどした時に子どもの口の中に侵入してしまいます。

乳歯のムシ歯が進行すると

乳歯のムシ歯が進行するとしっかり噛むことができず、あごの発育や発音、永久歯の歯列形成などにも影響がでてきます。子どものお口にムシ歯菌を感染させないためには、まずママをはじめ家族のお口からムシ歯菌を減らすこと!そうすれば子どものムシ歯を防ぐことが可能になります。

ムシ歯菌に感染したらすぐにムシ歯になっちゃうの!?

もし我が子がムシ歯菌に感染していたら…と考えると食事のたびに心配になってしまいますよね?でも大丈夫、歯みがきと唾液が子どもの歯をムシ歯から守ってくれます。食後はムシ歯菌が活動しやすい状態になりますが、歯みがきでお口の中をきれいにすることで唾液が作用し、ムシ歯になるのを防いでくれます。

ママ
赤ちゃんのお世話や家事におわれ、お口のケアに手がまわりにくくなりムシ歯になりやすい
赤ちゃん
ママのお口や唾液は赤ちゃんのお口に接触することが多いため、ムシ歯菌に感染しやすい環境におかれる

こんな食べ方をしているとムシ歯になりやすい!

唾液により口の中が中和されるのは食事を終えてからおおよそ1時間。(歯みがきすればより早く中和されます。)しかし、食べたり飲んだりの回数が多いと唾液が活躍しきれずにお口の中は酸性に傾いてしまいます。ムシ歯にならないために、だらだら食いをしないように気をつけましょう。

乳歯がムシ歯になるまで
子どものお口にムシ歯菌が感染
ミュータンス菌は砂糖を栄養にして歯の表面にねばねばした物質を作ります
ミュータンス菌や他の細菌の巣となるプラークを形成
そのまま放っておくと…
食べ物の糖分を餌にして酸を作り始める
酸が歯の表面の固いエナメル質を溶かし始める
歯のリンやカルシウムが溶け出してムシ歯になる
ムシ歯レベル
C0:いわゆる初期ムシ歯。表面が白っぽく、歯の溝が黄色に変色。歯ミガキや食生活の改善でもとに戻すことができる。
C1:歯の表面のエナメル質が溶けている状態。茶色っぽく変色。前歯などの見えるところは一目でムシ歯とわかる。
C2:ムシ歯が象牙質まで進行した状態。歯に穴が開き、しみたり痛がったりする。
C3:ムシ歯が神経(歯髄)まで進行した状態。歯は茶色に変色し、強い痛みが出る。
C4:歯の根しか残っていない状態。神経が腐ってしまうことも。

乳歯をムシ歯にしないために気をつけること

早い時期にムシ歯菌(ミュータンス菌)をうつさないように気をつけて!

ムシ歯菌は感染時期がはやければはやいほど赤ちゃんのお口に菌が定着しやすくなります。生えたての乳歯はエナメル質の厚さも永久歯の1/2と薄くてもろい状態。ムシ歯になりやすいうえに、1本ムシ歯になると何本もムシ歯になる可能性があります。また、痛みを感じにくいため気づかないうちにムシ歯が進行してしまうことも。


※乳歯は、唾液からカルシウムやリンなどのミネラルを補充しながら徐々に強くなっていきます。乳歯が成熟すれば、ムシ歯になるリスクはぐんと減りその後のケアも楽になります。

ページトップへ
子供をムシ歯から守るために10才までは親の仕上げみがきが必要です。

54.162.15.31|2018/09/21 20:27:35